ビタミンC誘導体とビタミンC

シワに良いといわれるビタミンC誘導体。ビタミンCとの違いとは

ビタミンCはお肌にとても良く、摂取したりすることで美白などの効果があると有名です。

 

ビタミンC誘導体とビタミンCは別のもので、お肌に吸収されやすいように改良されたのがビタミンC誘導体となります。

 

ビタミンCは安定性がなく酸化しやすい特徴があり、直接肌へ塗ったとしても吸収することが難しいです。それに比べてビタミンC誘導体は角質層への浸透力があり、吸収されたあとに酵素反応によりビタミンCへと変化し、そこ効果を発揮します。

 

ビタミンC誘導体には水溶性と油溶性があります。
水溶性のビタミンC誘導体は化粧水や美容液に配合されていることが多く、効果を感じるのにも短期間で良いのが特徴です。
油溶性のビタミンC誘導体はクリームやゲルに含まれていて、肌への刺激が少ないので敏感肌の人でも安心して使用することができます。水溶性のビタミンC誘導体に比べて浸透が遅くなるのですが、表皮や角質層で吸収がされやすいのが特徴です。

 

ビタミンC誘導体の効果はお肌のあらゆるトラブルに対応してくれます。美白化粧品に多く配合されているので美白の効果だけかと思う人もいますが、その他抗炎症作用によるニキビの改善や予防、毛穴の開きによるくすみなどにも対応できます。また美白効果にはメラニンの生成を抑制する働きもあるので、できてしまったシミとシミの予防にも効果的と言えます。

 

ビタミンC誘導体は、人によってはお肌にピリピリとした刺激を感じる人もいます。特に高濃度の商品になればなるほど、そう感じる人が多くなります。初めてビタミンC誘導体の化粧品を使用する場合は濃度の低いものから使用を開始したり、パッチテストをちゃんとしたりして使用してください。

 

独自成分「ビタミンC生命体R」が入った超濃厚美容液リペアジェルを試してみました!口コミレビューはこちら